So-net無料ブログ作成
検索選択
結婚相手の選び方 ブログトップ

結婚相手の選び方、その条件 [結婚相手の選び方]


あなたにとって結婚の条件は何でしょうか?誰でもゆずれない条件はあると思います、結婚相手選び方は事がことだけに、ボーダーは設定しておかなくてはなりません。

結婚は人生の一大事、というか一生の大部分を決める大切な決断です。伴侶(はんりょ)選びは慎重に、欲深く・・・というのはあたりまえの事ですね。

しかし、理想と現実は仲良しさんではありません。いつか妥協を強いられるときがやってきます。そんなとき、譲れない条件ってなんでしょうか?

バブルははるか昔に去った歴史の一部です。あと数年バブル景気が続けば、日本人のあらかたは金利で生涯食っていける?とまで言われた、日本史上の大イベントでした。

老いも若きもお金が湧きかえる列島で大騒ぎ、黄金の島=ジパングを現代に実現したあの時代、結婚式も現在よりずっと豪勢でハデ。実質より見栄が重視されるケースも少なくありませんでした。

そんなバブル期に重視された結婚の条件が「三高」。

高身長・高収入・高学歴の3条件を満たしたオトコは理想の結婚相手とされました。──女子の三高っていうのはなぜか聞きませんでしたけどね。w──

リーマンショックで職を失った人や、生涯フリーター生活を余儀なくされる人が珍しくない昨今では、結婚の条件どころか結婚そのものがほぼ不可能なケースも珍しくありません。

さすがにいまどき三高はないと思いますが、現在、結婚適齢期にある人って、どんな結婚の条件を掲げているのでしょうか?

とある調査によると…

性格の一致、思いやりのある性格、癒しを感じられる・・・といったものだそうです。

バブルからまだ30年も経過していないのにこの体たらく、ではなくてかわりよう。┐(´д`)┌

やはり経済環境が人に与える影響ってすごいナーと思いました。

いつだったかTVのインタビューに答えた若い女性が、結婚相手の選び方を尋ねられ「年を経ても友達みたいな夫婦でいられたら良いと思いマス♪」と答えていましたが、見方によってはこれ、三高よりもさらに高い理想ですね。

人の気持ちは努力でどうにもなりませんから、高身長(こちらも努力や費用負担でどうにもできません)なみにむつかしい条件なんですけど気づかないかなぁ…

まぁ、それでこそ「理想」と言うものかもしれませんけどね

結婚相手の選び方というか定番の条件の一つに「安定収入」というのがあります。現実的で夢も期待もなにもない条件ですけど、これこそ真っ先にチェックしなくてはなりません。

現代日本では普通に勤め人をしているレベルでは、共働きしないと二世を育てることすら叶わないと言われてもいますし、結婚相手に求める条件に経済状態は必ず含めておくべきことだと思いますよ。

共通テーマ:恋愛・結婚

お見合いは結婚相手の選び方として最優秀? [結婚相手の選び方]

結婚相手の選び方の一つ、お見合いは日本伝統の習わしの一つ。昨今ではあまり目立たなくなりましたが、見合い結婚は今でもごく普通に行われています。

見合いが結婚相手選びの中でも秀逸である理由は、

・結婚という目的を持った男女の出逢いの場である
・婚約者の候補にあげられる人たちの身元が確かである
・親類知人、上司といった近しい人たちの推薦である

といったところでしょうか。

中でも結婚目的という点でお見合いが他の結婚相手選び方と一線を画しているのが、結婚への気持ちの強さでしょう。

結婚情報サービスもお見合いに相当するシステム運営には熱心ですが、全体のいくらかは結婚という目的が希薄な人たちが混じってきます。

・異性の友達が欲しい
・近親者の希望に抵抗できないままの仮面婚活
・いい人がいたら…程度の動機の弱い結婚相手探し

結婚情報サービスは「商売」なので、登録ユーザー自体も「お金払ってるんだからいいじゃん」ぐらいの人が必ずいます。―――というか結構います

一方、世話好きな人が持ち込んでくる縁談は、その人たちのおめがねに叶った男女というだけでなく、当人たちも「結婚相手選び」の意志が強い、しかも世話になった人への義理なども絡んで一度交際がスタートすれば,結婚への道のりは他の結婚相手選び方よりもずっと短いものとなります。

お見合いにはロマンがなくてイヤという人も多いけれど、身近な異性と交際⇒なしくずしに結婚と、ゼロから出会って結婚するお見合いの方、どっちが「運命的」でしょうか?

【PR】無料占い★恋愛の未来を教えるタロットカード

共通テーマ:恋愛・結婚

結婚相手の「見た目」の重要性は? [結婚相手の選び方]

結婚相手選び方で見た目って大切?

ビジュアルの好みは千差万別。一般的に見ればブサ男と言わるレベルでも、それが好みなら仕方ありませんね。

では、結婚相手の選び方で見た目はどれくらい重視されるものなんでしょうか?

◇結婚相手の見た目

・容貌や容姿
・服装やファッション傾向全般
・清潔さ

こんあところが見られているポイントです。

ご存じのかたもいると思いますが、交際相手の男性選びで見た目―――顔や体型―――というのは、年齢が下がれば下がるほど重視の傾向、反対に年齢が上がると見た目より、収入や性格など、ルックス以外の比率がアップします。

中学生の頃、顔が良くて背の高い男子がもてたでしょ?でも社会人になって女性に受けの良いのは、優しい・聞き上手・おもしろいなど、内面的なところにポイントが移っているはずです。

結婚相手ともなれば生活力が俄然重視されるようになります。特に不況長引く日本であって、男性にとって収入の最低ラインは結構厳しいものとなっています。たとえば、派遣は結婚相手としては不適格という女性は多いです。

ただし、これはお見合いなどゼロからの婚活の場面の話で、すでにお付き合い中であれば重要性は落ちて行きます。ただし、それでも一定のラインは守りたい女性が多いですし、パートやバイトの収入では所帯が立ちゆかないのは間違いないところ。婚活を志す男性はそのあたり十分ご理解を。

その上での見た目ですが、まず不潔なのはNGです。清潔にしましょう。アラサー女性あたりになると、男性の見極めも現実的となり、特別スタイリッシュでなくてもいいから、身ぎれいにして誠実な雰囲気がGOOD。

ブランドもののスーツとか、なにやら高価そうなアクセじゃらじゃらだと、浪費癖が?との疑いをもたれてかえってマイナスです。

一方、女性の側で男性をチェックするときは、これプラスなじめるかどうかをチェックしてください。いくら生活力重視、人柄重視でも、結婚生活は長く長~くつづくものですから、少しでも快適にしておくのが良いでしょう。

-----------------

【PR】両想いになる方法

共通テーマ:恋愛・結婚

結婚相手の選び方で容姿はどれくらい大切か? [結婚相手の選び方]

結婚相手選び方で重要なものの一つ「容姿」。人によっては選び方を形作る要素の中でも一番重要なのが容姿かもしれません。

女性が結婚相手に求める容姿はそれほど複雑な要素で構成されてはいません。

・身長
・顔
体型
・雰囲気

こんなところですが、このうち「譲れない!」という条件は身長でしょうか?さすがに今では3高なんて言葉はあまり使われなくなりましたが、バブル期の頃は流行語にもなってしょうっちゅう目にし耳にしというものでした。

・高学歴
・高収入
・高身長

容姿で入っているのは高身長だけですね。顔の美醜はあまり問わなかったようです。まぁ、男性に対し女性が要求するのは一番に生活の安定でしょうから、結婚相手の選び方で高身長が入ってくるというのもバブル期ならではの浮かれた風潮だったのでしょう。

その意図するところは、おそらく。対外的な見栄でしょうね。うちの主人って格好いいでしょう?的な。つぎに自分との釣り合い、それなりでっかい男が横に居た方がさまになるのは間違いありませんから。

とはいえ。

容姿の好き嫌いは軽く見るわけにはゆかないのも事実ですけどね。

ドリーミーな価値観が定着しかかったバブルも夢のかなたと消え、昨今の女性がお相手の男性に求める結婚相手の選び方は通称「3K」。

・価値観の一致
・金銭感覚の一致
雇用形態の安定

だそうです。

容姿なんか一個もなくって、なんか夢のない現実バリバリな条件なんですけど…(-_-;)

ちなみにかつての結婚相手の選び方TOP3の一翼を担った「高身長」、現在の順位は20位に過ぎないとのこと。結局優先すべきは「容姿」でなくて「生活」。若い日本女性は少女趣味というか浮き世離れというか、非現実的な人が多いと思ってましたが、案外堅実なんですね。ちょっと安心しました。


共通テーマ:恋愛・結婚

結婚相手の選び方|年の差婚の功罪 [結婚相手の選び方]

結婚相手の選び方で重要な条件の一つに「年齢」というものがあります。

結婚相手の年齢は一般的にはあまり大きな隔たりがない方が良いとされています。

一方で年齢差の大きい“年の差婚”、女性の方が年上の“年下婚”もあり、少々奇態であっても仲むつまじいカップルも別に珍しくはありません。

だからといって、年の差婚の方が離婚率が低いかというとそうでもなく、芸能人カップルで話題になったカップルが案外簡単に離婚したりもします。

結局の所、結婚相手の選び方はあくあまでも相手次第、年齢についても年が近い方が共通点が多くなるので好ましいといえますが、愛情なり共通の価値観なり二人を結びつける要素がポジティブなら良いということなのでしょう。

ただし、年齢差がある場合年上の方が先に退職するわけで、経済面は十分に計画を練っておくのは当然ですし、寿命もやはり年上が先につきる可能性が高いので老後の計画もお忘れ無く。

ちなみにこのごろは年の差婚カップルが増えてきているらしいですね、男>女の場合、年齢差があるから平穏で喧嘩もせず済んだり、頼もしいというのは女性の目から見て大きなメリットなのかも…

-----

話は変わりますが、今は神無月、今年の運勢はもうどうでも良いとして、来年の運勢が気がかかりな時期です。

ちょっと早いけど、そろそろ来年のあなたの結婚運など占ってみてはいかがでしょうか。

吉?それとも大吉?気になりますでしょ?

共通テーマ:恋愛・結婚

結婚相手の選び方|年収はどれくらい? [結婚相手の選び方]

結婚相手の選び方で一番大事なのは支え合える存在であるかどうかだと思います。収入の総額ではありません。しかし「支える」ということは経済的にも支えるという事も踏まれていますから、年収のチェックは重要です。

また、誰でも「お金に苦労したくない」のは当然、しかも妊娠・出産・育児という人生の最も大変な時期が予想される女性の側ではますます当然です。どんなキャリアウーマンでも出産後も仕事を続けられるかどうかは社内文化のキャパ次第だし、そもそも出産前後は仕事どころか身動きさえとれませんし。

さて、年収は結婚相手の選び方という観点で、お相手の男性に求める年収はどれくらいが妥当?

世間の相場では多くの人が最低でも300万円以上と踏んでいるようです。現実に照らし合わせると概ね300~400万、できればそれ以上と言うところでしょうか。一方それ以下でも女性の側が安定した高収入であれば結婚に踏み切ることは別に珍しくありません。しかし「愛」を感じていることが絶対条件と言えるでしょう。

平成25年度版の厚生白書から「年収別にみた20代、30代男性の既婚率」によると、
【既婚率は、年収300万円未満では1割に満たないが、300万円以上400万円未満では
25%を超えており、年収300万円を境に大きな差が存在している。】
とあります。

管理人の知る世間相場とだいたい一致しますね!

また、同白書によると20歳代男性の非正規雇用労働者は年収は300に満たないともあります。

働く女性が増えた昨今、年収を妥協した結婚も少なからずです。しかし、好き嫌いだけで生活できる訳ではありませんので、もし結婚を考えている彼氏が派遣とか低年収な仕事だったらもっと稼げる環境を得るよう力になってあげてください。

結婚相手の選び方で年収は絶対妥協してはいけません。

共通テーマ:占い

結婚相手の選び方|学歴のポジション [結婚相手の選び方]

結婚相手選び方お見合いだったらそれなりの「学歴」は必須項目。顔や身長といった見た目も重要ですが、学歴はを無視する人は少ないと思います。

好きであるかどうかが優先する恋愛結婚であっても重さが変わるだけで同じ事。学歴は将来の年収や経済力を推し量る要素でもあります。

長引く不景気(好況との報道でも庶民の収入に反映されている実感はありません…Orz)の中で、いつリストラや給料カットになるかなんてわかりません。現在共働きでも先のことなんて判りません。

就職にしろ社内での出世にしろ、高い学歴を持つ男性は多少なり有利になるはずです。

結婚相手の選び方で学歴がチェックされるのはこのような現実的解釈だけではありません。

さすがに昨今は減ってきましたが、主人となる男性のブランド価値としての学歴という側面もあります。高卒よりも大卒の方が見栄えが良い、N大やH大よりも国立T大や私立名門のK大の方がブランドとして上=妻としてのステータスが上。といったバブル期に多かった価値観です。

現実的にしろ見栄えにしろ、男性の学歴はその人の能力を表すバロメータと解釈することができますので、今後も結婚相手のチェック項目から外されることはないでしょうね。

[女性の答える相手の学歴への意見]

・学歴より現在の職業(収入)より社会的地位の方が重要

・高学歴な人=頭が良いと言える。実際の生活で頭が良い男性の方が頼りになる。

・有名大卒でも非常識な人がいるので、学歴や頭の良さは結婚には直接関係がない。むしろ常識的がどうかの方が大切と思う。

管理人的に三つ目の意見は盲点だったなと。でも高学歴が人格を表すものではなくても、頭の良しあしをはかる物差しにはなります。そして頭のよい人には常識的な人が多いようにも。

偏見かもしれませんがチンピラ・ごろつき・チーマーなどストリートギャング、ルール無視なオラオラ兄ちゃん、といった反社会的で非常識なやからは高校中退とか中卒とかいわゆるDQNな人が多いですよね…

共通テーマ:占い

結婚相手の選び方|女性はオトコをこう選ぶ! [結婚相手の選び方]

結婚相手選び方女性の場合結構シビアです。

バブル期に言われていたモテオトコの条件、それは3高というもの。(今でも言う女子っているんでしょうか3高って…)

3高とは、高学歴・高収入・高身長。

高学歴は知力もしくはブランド力、高収入は経済力、高身長はちょっと歪んでますけどフィジカルな魅力のことを示します。マイナス成長、低成長の昨今これを口にする女子は減ってみるとは思いますが…

ひるがえって今。結婚相手の選び方で女性が男性に求めるものは、経済力、身長、性格が3高であること。

すべてを満たさずとも最低でもこのうち一つは合格点が必要。身長がなければ稼ぎでカバー、なにも無ければ性格でカバーということになります。

結婚相手の正しい選び方はひとそれぞれですが、客観的にみて一番重要なのは経済力でしょうね。子育て支援が十分でない日本ではたとえ歴戦のキャリアウーマンであっても出産育児の期間、経済的な不安定の可能性がつきまといます。

そのようなとき結婚相手の強力な経済力はなによりの安心となるでしょう。つまり、子供を産み育てる事の保障として一番重視されるべき要素です。

高身長については優秀な遺伝子の継承という雌の本能に根ざすもので、本能的なものとされています。しかし身長が高いだけで寿命が短いという説もありますし、実際には雄の身体的アドバンテージ=身長ではありません。見た目の問題も多いでしょうね。やっぱり結婚相手はかっこいい男性を選びたいといいますか…

最後の性格は、つまるところ「愛」かと。大脳の発達して人間らしいとも言える要素と言えますし、長く一緒に暮らす結婚相手ならば「見た目」よりこっちの方が大問題とも言えそうです。

一般的に見て理屈より直感、理性より本能というのが女性の特徴ですが、管理人周辺の女性の結婚相手選びを見ていると、複数の男性と交際してみて――中には同時複数「二股」というひどいヤツも――厳しくチェックを入れるようです。

まぁ、結婚相手は女性にしろ男性にしろ一生のお付き合い前提ですから選び方はシビアで慎重になるのは当然ですけどね。


共通テーマ:占い

結婚相手の選び方を考えたことありますか? [結婚相手の選び方]

結婚相手選び方って聞かれましても…考えたことないって言う方多いはず。確かに恋愛結婚だったら勢いだけでも結婚までゴールインしてしまうことも珍しくありませんし。

恋する心が強いほど「結婚相手の選び方」なんて考える余地はなくなりがちです。しかし…

ここで一つのデータを。

厚生労働省の統計ですねこれ。一度結婚した人の離婚確率なんですが、その割合は…なんと3割?!

この「3割」は、ある年の結婚した人.VS.離婚した人の比率で割り出したものです―――結婚人数:離婚人数=1:0.3)―――

若年層は現在結婚離れが進んでいるそうですが、せっかく結婚しても離婚の確率がこれって?ちょっとすごすぎかも…

ま、こんな数字を見なくても「結婚相手の選び方」を軽視する方はいないとは思いますが。

ところで。あなたの身の回りに離婚した方はいませんか?管理人はすぐ思いつくだけでも離婚数件…Orz…いずれも一年も持たなかった結婚で恋愛も見合いもあります。また、いずれの結婚も年齢や世間体がらみの傍目に見ればなしくずしの結婚でした。

こんな例をあげずとも結婚の相性はとても大切とご理解と思います。また離婚どうこうぬきでも、良い伴侶と結婚できるかどうかでその後の人生は天国と地獄の分かれ道です。

好き嫌いとか相性だけでなく、DV、浮気癖などのチェックも必要、たとえ現在ラブラブな相手でも「結婚相手にどうかな?」くらいは考えてみてください。


共通テーマ:占い
結婚相手の選び方 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。